| 岡山県地域人権運動連絡協議会 | 全国人権連 |

あけましておめでとうございます

18年01月11日 yoshioka

2018年、ことしは憲法9条をめぐる大きな山場の年となりそうです。

分類・ 備忘録 | コメント募集中 »

人権岡山「人権と文化のつどい」で前川喜平さん語る

17年12月14日 yoshioka

11月12日、岡山市段階で活動する人権連組織である人権岡山(代表、花田健吾)主催の「人権と文化のつどい」が岡山駅西口のコンベンションセンターで開催されました。

講演の部は、前文部科学省事務次官の前川喜平さんを講師に義務教育無償化、夜間中学の課題を中心に行われました。講演では加計学園が愛媛県今治市へ建設している獣医学部新設問題にかかわることも少しだけ触れられました。

参加者からは良い講演だったとの声が主催者へ届けられました。

来年1月8日には、前川さんはと寺脇研さん(元文部科学省官僚、京都造形芸術大学教授)お二人を招いた徹底トーク「ズバリ加計問題を斬る」と題した講演会が加計学園問題を考える会主催で岡山市内で開催されます。

分類・ 文化・映画・演劇 | コメント募集中 »

元文部科学省事務次官 前原さんが岡山で講演、森加計も

17年10月18日 yoshioka

安倍首相夫妻の関与疑念が残ったままの衆議院解散総選挙突入。当時国会では「森友学園の国有地払い下げ」「加計学園獣医学部新設」に関する野党側の追及に国会閉幕中審査が開かれ、前川元文部科学省事務次官は「行政がゆがめられた」「あったものをなかったとはいえない」と明確に証言した。

その前川さんが岡山で講演をします。前川さんは現在福島と神奈川の自主夜間中学校や東京の高校で学習支援をボランティアでしています。

今回の講演は「夜間中学・義務教育・新設学部問題」と題して開催されます。ぜひ多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

と き 11月12日(日) 13:30~16:30

ところ 岡山コンベンションセンター(ママカリフォーラム)3F  岡山駅西口

参加費 1,000円(高校生まで無料)

主催 地域人権運動岡山市連絡会(人権岡山) 電話086-253-5177

共催 夜間中学校を岡山につくる会/義務教育完全無償化をめざす岡山市市民会議

後援 岡山市/岡山市教育委員会

チラシはこちらをクリック→人権と文化のつどいPDF

分類・ 文化・映画・演劇, トピックス | コメント募集中 »

教組共闘、県教委と話し合い

17年08月24日 yoshioka

本日、教組共闘中国キャラバンが行われました。岡山県教育委員会へ高教組などと連名で岡山就職連(県人権連も加盟)も要請を行い、重点について話し合いを行いました。

交渉団側11名。県教委側10名。やりとりの何点かについて以下に紹介します。

全国10位以内をかかげ、テスト偏重のやり方の是正を求めたのに対して、全国学力テスト問題について、県教委は「全国との対比ができるので必要だと思う」と回答。岡山県独自の学力テスト問題についても県教委は、「変化を追跡調査する上で必要だと思う」と回答。

すべての学校の非正規職員の待遇改善、特に小学校と中学校の1000人を超える定数内講師の正規化について、県教委は「平成22年から毎年計画的に増やしている。平成29年度講師率は8.9%」と回答したものの、交渉団からいつまでにやる計画なのかとの問いに、「10年後には全国平均の7%以下をめざしている」と再回答。これに対して、交渉団から「10年もかけていたのではダメで、県民は納得しない」「強い要請があったことを教育長にも伝えて、もっと短い期間で目標達成をしてほしい」と要請しました。

分類・ 備忘録 | コメント募集中 »

「共謀罪」を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が強行可決

17年06月15日 yoshioka

参議院で審議されてきた「共謀罪」法案が法務委員会で審議途中のまま本会議で「中間報告」という形で上程され、与党と維新による賛成多数で今朝可決されました。

国民が疑念をいただいた部分への政府の説明は結局きちんと行われることがありませんでした。現在の刑法制度を根底からゆるがす今回の「共謀罪」問題は、国民すべてにかかわる大問題です。内心の自由、言論表現の自由、思想信条の自由への制限につながる危険性は戦前の治安維持法の再来ともいわれ、過去3度廃案となった経緯がおきざりにされた感が与党議員や政府説明から否めません。

警察や検察、時の為政者の恣意的な運用が払しょくされないのは、それだけ権力が国民から信用されていないことを示しています。また森友・加計問題と安倍首相との問題の早期幕引きを狙った与党の姿は多くの国民に奇異に映ったのでないでしょうか。お隣の韓国は前大統領が罷免弾劾され、一方日本では、のらりくらりでまわりもマスコミもそれを助ける構図。アメリカでも州の司法長官が大統領は憲法違反だと追及しマスコミもそれらをきちんと報道しています。

国会における委員会での充分な質疑を尽くさないで審議途中で「報告」して採決という禁じ手をつかうなら国会における委員会とは何のためにあるのか、良識の府としての参議院の役割は与党にとって衆議院の追認機関なのか、様々な疑問や批判がうずまく中での強行採決に怒りを込めて抗議するものです。

分類・ 弾圧・冤罪, トピックス | コメント募集中 »

« 前の記事 次の記事 »