| 岡山県地域人権運動連絡協議会 | 全国人権連 |

「共謀罪」はぜったい廃案に

17年05月15日 yoshioka

政府与党は、「共謀罪」法案について衆議院法務委員会での審議時間が30時間を超えることをみこして早ければ今月18日にでも衆議院での委員会採決に持ち込みたいというが、これに対して多くの識者や国民から「反対」の声があがっている。

「テロ等準備罪」と名を変え、対象事案をしぼったとはいってもこの法案で「テロ」は防止できないことはこの間の国会論議で明白だ。政府与党は「テロ等」の「等」にこそ焦点をあてて、この法案を準備したことも明らかだ。「等」の中には「労働組合」「市民団体」「市民」等が含まれる。

つまり、「一般国民」がすべて対象といっても間違いない。アメリカの政府情報機関にいたスノーデン氏が告発した「アメリカによる全世界監視網」が大問題となったが、日本でもそうした社会へ政府与党は舵をきろうとしている。国民がお互いを「監視」「密告」する社会に自由はない。

自由もなく「不自由」な社会は、人権が抑圧された社会に他ならない。私たちは、そんな社会を望んではいない。この法案が過去3度も「廃案」になった理由と経緯を広げて、ぜったい廃案にしよう。

憲法9条へ3項を挿入して、自衛隊なのか自衛軍なのかよくわからないが憲法のなかに矛盾する加憲も憲法9条や前文の骨抜きに他ならない。ましてや安倍氏が自民党総裁としての立場からの20年までに発言というが、首相官邸で発言してそれは通らない。立法府を馬鹿にした発言で、与党内からも異論がでている。これも断固阻止しよう。

分類・ 弾圧・冤罪, トピックス | コメント募集中 »

独房の半世紀-映画「約束」 名張毒ぶどう酒事件死刑囚の生涯

13年04月26日 yoshioka

約束仲代達矢主演。冤罪で死刑囚とされた奥西勝さんの生涯を描いた映画「約束」が岡山市のシネマクレールで上映されます。ぜひ、多くの人に「冤罪」のこと、名張毒ぶどう酒事件の真相を知っていただきたいと思います。主演の仲代達矢さんは、「半世紀近く拘置所に閉じ込められている奥西さんの心情は測りしれません。私がこういう状況に追い込まれたらどうなるのか、そういう気持ちで演じました。60年俳優をやってきた中で、私にとって記念碑的な作品です。」と振り返っています。ジャーナリストの江川紹子さんは「不正義は許されない」と述べています。

上映名 「約束」

期間 5月25日(土)~5月31日(金) ①10:10~ ②18:35~ 6月以降もあります(下に表記)

入場料 一般1800円、大学生1500円、高校生以下1000円、65歳以上シニア1000円、障害者1000円、夫婦50%割(どちらか50歳以上)、 毎月1日映画の日1000円、月曜日メンズデ-1000円、水曜日レディスデ-1000円、金曜日ペア割2人で2400円 ※証明書等必要

※6/1~6/7までは上映時間が変更されます。詳しくは、シネマクレールへお問い合わせください。

裏表のチラシPDF

分類・ 文化・映画・演劇, 弾圧・冤罪 | コメント募集中 »

名張事件が東海テレビでドラマ化

12年05月22日 yoshioka

三重県の「名張毒ぶどう酒事件」がこのたび東海テレビで「塀の中の約束(仮題)」として制作されたという記事が国民救援会の発行する「救援新聞」5月25日号3面に掲載されていました。

死刑囚の奥西勝さん(86歳)が51年間無実を訴えつづけ、弁護団と支援者、国民救援会が再審の扉を開かせるため名古屋高裁に提訴している冤罪事件。2005年、7度目の再審請求で名古屋高裁刑事1部は有罪判決が認定したもの(農薬・ニッカリンT)とは違うとして再審開始を決定しましたが、しかし検察の異議申し立てを受けた名古屋高裁刑事2部は「自白」を重視し細心開始決定を取り消しました。

これに対して、最高裁は毒物認定について「科学的知見に基づき検討したとはいえず、推論過程に誤りがある」とし、再審を取り消した意義審決定を取り消して、審理を名古屋高裁刑事2部へ差し戻しました。差戻し審では、改めて毒物鑑定が行われ毒物がニッカリンTではないことが証明されました。

7度目の再審請求にかかわる差戻し審の決定「再審の可否」は、5月25日に名古屋高裁で言い渡されます。

こうした状況の中で、名張事件については、東海テレビが過去3度、ドキュメント作品として映像化しています。今回が4度目ということです。番組は名古屋のローカル局の制作として東海3県で6月下旬頃に放映されるとのこと。奥西勝さんには仲代達矢さん、奥西さんの母親タツノさんには、樹木希林さんという顔ぶれで構成されています。なんとか見てみたいものです。

分類・ 弾圧・冤罪 | コメント募集中 »

解放戦士之碑にお参り

12年05月7日 yoshioka

碑みんなで岡山市内、小高い山の中に、あまり人に知られることなくひっそりとたたずむ「解放戦士之碑」に国民救援会、治安維持同盟の人たちとお参りに行ってきました。お弁当をもって、着いたらみんなで草むしりをして、碑が設置された当時のことや埋葬されているプレート版のことなどを改めて聞く機会となりました。碑は実に立派なもので、裏面には1969年建立と記してありました。国民救援会と治安維持同盟は、毎年4/29に掃除をしてお参りをしています。こうした歴史ある碑を継承していくことの大切さをお弁当をみんなで食べながら、あれこれと話し合いました。蕨があちこちに生え、小鳥がさえずり、早くもセミの音が。

分類・ 備忘録, 弾圧・冤罪 | コメント募集中 »

布川事件の桜井昌治さんを迎えて

11年09月8日 yoshioka

冤罪事件として大きな注目を集めた「布川事件」。杉山さんと桜井さんは、無期懲役の判決のもと、29年間刑務所に服役し、その後出所。出所後、再番のやり直しを求めて、やっと再審無罪判決が確定。

その桜井さんを日本国民救援会岡山県本部と岡山支部が迎えて、9月4日の日曜日、岡山労働事業会館(旧労金ビル)で「報告会」を開催。参加者は約100人。人権連からも参加して事件の内容や警察・検察・留置場・刑務所での生々しい状況なども聞くことができました。

桜井さんは、報告の中で、29年間の刑務所暮らしや国民救援会との出会い、冤罪というものが本当にあると自身の事件を通して痛感したことなどや、若き日の自分自身の生活態度なども振り返り、「いいかげんな生き方をしてきた自分自身をかえさせてくれたのはこの事件だっと思う」と述べ、「無罪判決が出るまでの長い時間は無駄ではなかった。人間的に自分は変わることができた」「この間の出来事を振り返ってみて、不運ではあったが、けして不幸ではなかった」と報告を結びました。

講演後、岡山駅前に会場を移動し、桜井さんを囲む会が行われました。

分類・ 備忘録, 弾圧・冤罪 | コメント募集中 »

« 前の記事